インスピレーションアートRu.mie

インスピレーションアートRu.mie

劣等感2017/08/21

いきなりのタイトルです。。。後半に説明したいと思っています

この週末、素敵な時間をすごしました★

まず、一つは

戦争や事故、事件や病気などで犠牲になった無辜の魂に目を向け

罪の無い命がこれ以上奪われない世の中になるよう祈る。。。

そんな「灯火会と花火のつどい」にいってきました。

親族や身内がこの幹部でこの一年一回のイベントのために何人もの人達が一生懸命ボランテアで動いています、、、。そして当日前後はその活動がピークになりますがそのおかげさまで

大成功と多くの人が一つになることができているような気がします。

9回目になりますが

遠方からの方も増えたりと

一丸となって何か大切な目的を果たすというのは

本当に美しくてすごいパワーになるんだなあと実感させられます

そんな中、例えば。ボランテアや慈善活動とは、聞こえは良いですが、本当に大変や事や

続けていくのは難しかったり、やっぱり誰かのためはもちろんですが、自分も楽しみながらじゃないと

やってられない事もあります、、、中には無理しすぎたり誰かに言われたからとか、嫌々な気持ちが

垣間見える人もいますが、そんな人は小さな頃に親に刷り込まれた劣等感や自分自身で知らず知らずのうちに「どうせ自分なんて、、」とうえつけた「劣等感」が原因で

無理しすぎてしまう癖になってしまっているらしいのです。

私自身も動物ボランテアをしていたころは

限度を超えてどうしてもやりきってしまう癖があり、妊婦中に大型犬を散歩する人がいなくて

案の定転んでしまい流産しかけたこともあります。。。家族との時間や自分の体力を後回しにまでして

活動するのは慈善活動とはいわないのだと、めがさめた時期がありました。

そしてその時は劣等感とはまったく思っても見なかったのですが

確かにどこかでしないといけない感にかられてしまっていました。。。

とにかく、気持ちを切り替えて

自分の無理なくできる範囲で継続できることを目的にできたら、家族の理解や一緒に楽しめる範囲で動いていけたらなあと

本当にこころから思う今日この頃です。

今の自分や生き方を大切にし、楽しみながら誰かや何かの役にもたてたならどれだけ幸せだろうと

前向きにすこしずつなれてきた今日この頃なのでした。

今日も

素敵な実感を★

mie