インスピレーションアートRu.mie

インスピレーションアートRu.mie

すごい料理人2017/07/03

こんにちは、

蒸し暑めの月曜ですが、晴れ間が嬉しい、洗濯日和です。

週のはじめにいつも思うのが保育園に2人の子供たちが通っていること、

当たり前ではないこの貴重な時間。とても大切。

絵の仕事をメインに動いていますが、欲張りなもんで

この大切な時間はいつも足らずに悶々としながら

かけまわっています。あれもこれもしたいと思うたちなので、時間が足りません。

画材の調達、作品の製作、沢山、逢いたいひともいます。

そんな欲張りな中、以前、久々にゆっくり外食をする時間があったので

行きたかったお店にいきました。

ちょっとリッチな雰囲気のカウンターに座り、懐石のようなお料理とオーナーのこだわりに舌鼓しては

あまりに興奮してしまいパートさせてほしいと無理難題を言いました。

以前、お仕事でお店の庭作りや絵をオーダーいただいたお店なのですが

中に入ってびっくりのこだわりや圧倒な出来事がいっぱいでした。

もちろん、飲食仕事にブランクがあるとかどうとか、なんの言い訳にもならないぐらい

わたし即戦力にはなれない程のドジッぷりで皆さんの足をひっぱってしまったのですが

私にとっては本当に貴重な時間でした。

スーパーで買い物しているときにはみれない様な

市場の新鮮な魚介、毎朝,

オーナーが何年も毎早朝に買い出し、

原価どうこうよりも質をみては、お客様にあわせた素材選び、

お料理のこだわりは仕込みのお手伝いをしていても

例えばオクラのまんじゅうを作る時も種を一つ一つとり、

とうもろこしの中の白いつぶつぶもひとつ一つとり、

「いちいち」のこだわりがあちこちに詰まっていて、

そりゃあ、どこにもまねできないわ、、、でも、あきれる程のこだわりは

それを続けることに意味があったり、妥協しない大変さも本人たちが一番良くわかっています。

お客様によっては、そこを知るが知るまいが、マナーが悪かったり、ドタキャンしたり、

黙々と仕込みをすることより、安さや愛想を求めてくるひとだっています。

揺るぎない、芯の強さ、

自分はこうだから、と本当に美味しいものを求めてくる方々を大切にし、どこかの真似をするのではなく特性をのばす、つづける、向上する、

磨き続ける。。。そんな大切さを、内側に入ることで多く学ばせていただいた貴重な時間でした

そこから、私の仕事に対する考えも変わった気がします。

安売りしない、できない、だってこんなにエネルギーと愛を注いで、

目に見えない経験や知識はもちろん、指示してくださる方の礼儀もあるんで。。。なんて、再認識する今日この頃でした。。。。簡単では無いですけどね。

気張っていきましょう。

息抜きも上手い事、していきましょう♪

mie