インスピレーションアートRu.mie

インスピレーションアートRu.mie

この絵がスペインの世界遺産に行く理由2018/10/22

私の母は「クリスチャン」なのですが

同じクリスチャンでも

いろんな人がいて、

 

身体があまり強くない母に対して

優しくそっと見守って耳を傾けたり無理ない活動を

共にしてくれる人もいたり、

 

自分の「エゴ」を押し付けて

参加しない人はだめだとか、だから病気になるんだとか

「愛」をもってない人もいたり。。。

 

母はそこに対して一切悪くは言わないし

言い返すこともしないです。

 

 

でも、時々、

何のためなのか・・・根本的な

大切なことが見えなくなっていないかと

 

 

人は人を良くしたり、会社を右肩上がりにしたり

環境、生き物、地球を

よりよくするために

「何か」アクションを起こすものだと

想っているけど

 

時に上司やおツボネ様。(PTAにもありがちな

ボスでもないのにあのボスがさ。。。と裏でささやかれる存在や)

誰かの「エゴ」に

気を使い

恐れ

ストレスや「無理」を強いられている

ような気がします。

 

 

心の面でも親身に誰かを思いやれたなら

グループ、組織、宗教、ネットワーク・・・PTAや自治会、、、

個人以外の「なんだって」

 

本来の内容にもう少し力を発揮できるはずなのに。

もちろん、そういった「ちょっと強引な強さ」を

もった存在がないと

なあなあになってしまったり

ただの仲良しグループで終わってしまうのも

いかんので大きな何かを成し遂げるには

推し進めるべき強さは必要なのかもしれないけど

 

そこに「愛」が存在しない、ただの

「エゴ」だけの厳しさが

発生すると

 

調和や意見を交わす勇気も持てず

強要された人はただ楽しむこともできず

反発すると

ややこしい。。。とか

自分だけでなく家族に迷惑がかかる。。。とか

 

仕事ができなくなるから

とか

「勇気を持つとは」

具体的に簡単ではないですもんね・・・

 

 

私は絵描きの仕事をする前はずっと

組織やグループの中にいました。

 

そのころは気づかなかったけど

「絵描き」という

ちょっっぴり「アウェイ」な一種の引きこもって

「集中」するだけの毎日の中

 

た~まに組織の「中」にお邪魔すると

マイナスのエゴやストレスなどが発生している場所には

黒い煙のような・・・不思議な影が見えるようになりました。

 

何も私が「特別な力」や「特殊能力」があるといっているのではなく

子供(赤ちゃん)や生き物には見えてることが多き現象で

時々、犬や猫でも「ふっ」と

何かに反応していたり、こちらには見えない何かをみていたりすることがある、あれです・・。

 

エネルギーをみるようなことを毎日しているもんで

動物や赤ちゃんや「野生」に近いなんだかよくわからないことが

「わかる」ようになっていました。

 

「周りに流されず

なりたい自分になる」

 

簡単なことではありません

苦手な人に意識をもたないことはなかなか難しいです、

でもそれが

ストレスに結びついてるのなら

いっそ、逆に好きな人や好きな時間に

心の重心をもっていって不要な感情を手放したいですよね

 

 

 

※「エゴ 意味」で検索して調べて読んでみると

自然と自分の周りに当てはまるひとがいるかもしれません。

その人を

恨んだり、憎んだりするのではない

(その人は

プライド

居場所

時間

お金

立場

イメージ

存在

を守ろうとしてる防衛行為なので)

自分が必死なのかも

しれないです、

短所をみるのは簡単だけど

長所も必ず存在します。

 

生まれた瞬間ひとは

純な「赤ちゃん」です

 

育ってきた環境、

経験など

何が蓄積してそのエゴに繋がったのか考えてみると

また違った見方にもなります。。。

 

子忙しい月曜でも

どうしても書きたかったこと。。。必要なメッセージが

必要な方に届きます

 

この絵が

キリスト3大聖地であるスペインの神聖なコンポステラにいくことは大きな意味があると

日に日に実感しています

皆様も

良き1週間を💛